神戸市長田区・兵庫区・須磨区・垂水区で 唯一の日本禁煙学会専門医外来
078-612-0101

たばこの吸殻と禁煙

新長田の禁煙外来(NHK報道されました)

 自力で禁煙するのは強い依存性をもつニコチンのために、非常に難しく、禁煙できたとしても覚せい剤の再犯と同様、再喫煙も高率です。

 禁煙は飲み薬とカウセリングで始めましょう。もちろんこれは禁煙外来のあるクリニックでしかできません。新長田の福井クリニックを受診してください。経験豊富な当院で12週間の禁煙治療を行った場合、85%の患者さんが禁煙を達成できました。重要なのは専門医のサポートを受けることです。通常保険適応ですが、条件を満たさない場合自費診療となります。

 神戸市兵庫区・長田区・須磨区・垂水区のエリアで唯一の日本禁煙学会認定専門医です。いままで415名の患者さんに禁煙治療をしました。

禁煙のメリット

 禁煙するメリットはなんでしょうか?たばこを唯一の楽しみだと言う喫煙者も存在します。しかし、その代償として多くの喫煙者は肺がん、喉頭癌、舌癌、膀胱癌、肺気腫、心筋梗塞、糖尿病、白血病などの恐ろしい病気になって、苦しむことになります。平均で10年寿命が短縮することが知られています。しかも、たばこの煙が与えてくれる「悦び」は覚せい剤や麻薬が与えてくれる「悦び」と同じです。ニコチンによる幻のために人生を棒にふるのです。

 禁煙を開始してすぐに、虚血性心疾患、虚血性脳疾患のリスクが低下します。またこれは、本人だけではなくて、周りで受動喫煙していた非喫煙者においても同様です。30歳までに禁煙した場合は、非喫煙者と同様の人生が保証されます。禁煙後15年で肺がんのリスクが正常人なみに下がってきます。若いうちに禁煙するのが一番大事ですが、たとえ齢をとっていても禁煙すれば必ずメリットはあります。

家族や子孫を守ること

 あなたが禁煙すると、家族や子孫を守ることができます。ですから禁煙の決心というのは決して軽いことではありません。あなたが禁煙すれば、家族は受動喫煙やサードハンドスモークから逃れることができます。吸わない家系になれば、子々孫々までタバコの被害を被らないで健康を保てます。実際、タバコに含まれる有害物質は精子や卵子の遺伝情報を傷つけてしまうのです。

保険適応の条件について

 3つの条件がありますが、通常簡単にクリアできる条件です。最初問診で、喫煙歴についてお尋ねしますが、1日の喫煙本数X喫煙年数が200以上ないと保険診療が認められません。また、ニコチン依存症の簡単なテストにお答えいただきますが、5点以上あることが必要です。また、禁煙を直ちにするという患者さんにしか保険は適応されません。

日本禁煙学会について

 日本禁煙学会はWHOに日本の禁煙団体として正式に認められた一般社団法人です。いままで喫煙が制限されてこなかった時代から活動をしています。私はこの学会の広報委員に任命されており、禁煙イベント、認定試験、禁煙セミナーのホームページを管理しています。

 (参考)神戸市の禁煙外来一覧(☆印で専門医が表示されています。)

少ない待ち時間

 当院は独自の電子カルテシステムを使った効率的な診療をしていますので、待ち時間はほとんどありません。初診時は診療に時間がかかりますので、早めの時間帯にご来院ください。

 タバコについて 世界の動き

 タバコが規制されているのは、日本だけのことではありません。世界的にタバコを駆逐するために医療、保健関係者は連携してタバコ産業と戦っています。

 タバコに関する世界や日本の動きについて、詳しくはこちらのページで解説しております。